離婚調停でも離婚したくない

離婚調停で離婚したくない場合

離婚調停に入ってしまったけれど、離婚したくない方もいらっしゃるかと思います。

 

離婚調停中とはいえ、相手方はすべての方が離婚したいわけではありません。

 

離婚したくない方にとっては、金銭面で争っている場合などを除き、
離婚調停のたびに「またこの日がやってきてしまった」という心持ちで、気が重いことでしょう。

 

>>離婚寸前から復縁する方法

復縁マニュアルの中でも離婚したくない夫婦に特化

 

 

例えば別居などをしていたとしていても、相手方が離婚したくないと思う場合もあります。

 

離婚したくない理由は様々あるでしょうが、そういった場合は、離婚調停ではどうなっていくのでしょうか。

 

まず、家庭裁判所では、夫婦関係がこれからも継続していけるかどうかを判断します。

 

もし離婚したくないという意思を持っているなら、きちんと調停で伝えましょう。
相手方が自分に求めている事を認めていくしか不成立にもっていく事はできません。

 

ただ、手をあげてしまった事でDVとみなされたり、
浮気がある、金銭面の問題、などがある場合にはなかなか難しいです。

 

調停で不成立になってしまった場合でも裁判で証拠などをあげられてしまえば、
それで離婚が成立してしまう事もあるからです。

 

どれだけ自分が変わって行けれるのかを意思表示し、
相手がそれを受け入れてもらえるまではなかなか難しいと言えます。

 

弁護士さんを付けて、離婚したくない意思を貫くことは勿論ですが、
離婚調停への申立人側の意思も変えていかなければなりません。

 

調停にまで持ち込んだ方の気持ちを、今から変えるというのは容易な事ではないと思います。

 

どうしても離婚したくない場合は、夫婦生活アドバイザーの方へ相談されてみるのも一つの手です。

夫婦生活アドバイザーの方へ相談

 

をクリックすると移動します「離婚調停解決専門サイト」は、

「なんとしても離婚したくない!」という方々からも、好評を得ています。

 

当サイトからお申込みの方限定の特典ご用意しました



ページの先頭へ戻る