離婚慰謝料について

離婚慰謝料について

離婚慰謝料の相場や計算定表、調停について解説しています。

 

調停を開く理由の一つに、慰謝料の金額に決着がつかない為というご夫婦も多くいらっしゃいます。
有利な条件で慰謝料問題に決着を付けるには、慰謝料に関する、ある程度の知識が必要です

 

このページでは、慰謝料に対する基礎知識から、
離婚調停における慰謝料問題での注意点なども詳しく見ていきます。

慰謝料とは

 

慰謝料とは、離婚時のみに発生するものではありません。

 

では、そもそも慰謝料とは一体何なのか?
という根本的な部分について、最低限の法知識を身に付けておきましょう。

 

民法では、慰謝料について、以下のように書かれています。

【民法第710条】
他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。

 

語弊を恐れずに分かりやすく解説しますと、慰謝料とは、精神的・肉体的苦痛により他人を傷つけた者は、その代償として、傷つけた相手にお金を支払いなさい。とするものです。

 

離婚によって発生する慰謝料とは

 

離婚によって発生する慰謝料だけをみても、様々なものがあります。

 

精神的・肉体的苦痛を受けたことへの代償として、
離婚の場合には、以下のような理由で、慰謝料を請求することが出来ます。

 

  • 相手の不倫や浮気・不貞行為に対しての慰謝料
  • DVやモラハラ行為を受けていたことによる慰謝料
  • 離婚を突きつけられたことによる精神的苦痛に対する慰謝料

 

離婚によって発生する慰謝料とは、身体や名誉や貞操などを侵害する行為を働いた夫や妻や不倫相手などが、侵害行為を受けた相手に対して支払う金銭であるということを、まずは理解しておきましょう。

 

慰謝料の時効

 

長期間、慰謝料の話し合いがつかないと、調停へ行くこと自体が苦痛となり、
「とりあえず離婚届を出してすっきりしておくか」という気持ちになってしまう事もあります。

 

しかし、それで離婚が成立してしまうと、慰謝料は3年で消滅時効にかかります。

  • 後悔しないか?
  • 泣き寝入りとならないか?

充分に考慮して、戦略的に有利になるよう、3年以内で離婚調停を進める必要があります。

 

 

慰謝料には、最低額や最高額などの基準値がなく、相場もあってないようなものであるが故に、
夫婦だけでの話し合いでは折り合いがつかず、調停に入る夫婦も多いです。

 

調停で慰謝料の金額を決めていく場合、有利に進められるかどうかが勝敗の分かれ目となります。



ページの先頭へ戻る

離婚慰謝料について記事一覧

離婚慰謝料の相場

離婚慰謝料の相場について、詳しく解説していきます。離婚慰謝料は、夫婦の関係や経済状況、離婚原因によって等で、大きく異なってはくるのですが、おおよその相場というものは知られていてます。相場を把握した上で、自分のケースの離婚慰謝料を考えておくと良いでしょう。離婚慰謝料の相場一般的なサラリーマン家庭とした場合、離婚時に得られる慰謝料相場は、現在だいたい、100万円〜500万円ぐらい、となっているようです...

離婚慰謝料の税金

離婚の際に支払われる慰謝料には、税金がかかるのでしょうか?離婚慰謝料における、「贈与税」や「所得税」の有無について解説していきます。慰謝料だけでなく、離婚に関連して支払われるお金に関しては、状況に見合った妥当な金額であれば、税金の支払いが求められることはありません。慰謝料を受け取る立場の方にも支払う立場の方にも、税金がかかることはありません。ただし、慰謝料が「過当である(妥当ではない)と認められる...

離婚慰謝料の最高額

離婚慰謝料の最高額はどのくらいなのでしょうか?離婚慰謝料の相場のページでも解説したとおり、相場は目安にしかなりません。離婚慰謝料10万円という事例も多くありますし、逆に特に高収入でもない相手から1000万円の慰謝料を勝ち取れたという事例も存在します。結論を言えば、慰謝料には最高額というものが存在しません。最高額が存在しない=いくらでも慰謝料を取ることが出来る最低額が存在しない=相手に不貞事実があっ...

離婚慰謝料の算定表計算

離婚慰謝料の算定表と計算方法について触れていきます。離婚調停で、慰謝料などについて話し合っていく際に提示する金額の参考として、算定表や計算ツールを活用して下さい。離婚慰謝料の算定表離婚慰謝料の算定表を見かけることもありますが、実際のところ、慰謝料には、明確な算定方法や算定基準がありません。慰謝料の相場を把握しておきたいお気持ちは判りますが、夫婦間で話し合いの決着がつかない場合、最終判断は、調停員の...

不倫・浮気が原因の離婚慰謝料

離婚慰謝料の金額に大きく影響する要因として、妻や夫の不貞(不倫・浮気)の証拠が取れている場合があげられます。不貞(不倫・浮気)の状況が酷かった場合は、相手方(不倫相手)へも、慰謝料が請求できるケースもあります。不倫が原因で離婚へ発展した場合、その場の感情が先行してしまい、「とにかく二度と顔も見たくない」と、慰謝料なんていらないと、離婚を決める女性も多いです。反面、不貞(不倫・浮気)の事実への怒りを...

DV・家庭内暴力が原因の離婚慰謝料

妻や夫からの、暴力行為(DV・家庭内暴力)や精神的虐待による離婚慰謝料について、解説します。妻や夫からの暴力行為(DV・家庭内暴力)や精神的虐待が理由で離婚へ発展した場合、「とにかく離婚できるなら慰謝料なんて要らない」「逆恨みが怖いので慰謝料は諦める」という人もいます。当人同士での話し合いが困難だったり、話しがまとまらない場合は、離婚調停を開く等で、本人とは直接話さなくとも、慰謝料の金額などを取り...

慰謝料請求調停

慰謝料金額などの問題で、(元)夫妻間での話し合いでは折り合いがつかない場合、慰謝料請求調停を開くことになります。離婚後にも申し立てが出来ますし、慰謝料を含めた離婚問題で揉めているようであれば、離婚調停中に、慰謝料の話し合いも行っていくという形になります。不貞・不倫・浮気や、暴力など、精神的・肉体的苦痛を受けた事実があるのならば、慰謝料請求の調停を申し立てるべきでしょう。慰謝料請求調停とは慰謝料請求...