離婚慰謝料の税金

離婚慰謝料の税金

離婚の際に支払われる慰謝料には、税金がかかるのでしょうか?

 

離婚慰謝料における、「贈与税」「所得税」の有無について解説していきます。

 

慰謝料だけでなく、離婚に関連して支払われるお金に関しては、
状況に見合った妥当な金額であれば、税金の支払いが求められることはありません。

 

慰謝料を受け取る立場の方にも支払う立場の方にも、税金がかかることはありません。

 

ただし、慰謝料が「過当である(妥当ではない)と認められる場合」には、
慰謝料は贈与とみなされ、贈与税が課税される可能性があります。

 

慰謝料が妥当であるか過当であるかについての基準には、規定が存在しているわけではありませんが、
一般的な家庭において支払われる離婚慰謝料の場合、妥当に当てはまるケースがほとんどでしょう。

 

 

また、離婚慰謝料とは、必ずしも現金であるとは限りません。

 

土地や建物(家)などの不動産を、慰謝料として支払うという取り決めとなったのであれば、
不動産取得税という税金を支払わなければならなくなる可能性もあります

 

この場合の税金は、慰謝料として不動産を受け取る側に課せられ、
結婚期間中に取得した不動産の財産分与においては、半分の金額に軽減されます。

 

結婚前に取得していた土地や建物(家)などの不動産については、軽減処置とはなりません。

 

 

要は、離婚する時の慰謝料は、一般的には当事者双方には税金がかからないと言えます。

 

 

 

貴方にとって最高額の慰謝料を勝ち取りたいのであれば、離婚調停マニュアルの一読がオススメです。

 

慰謝料相場の常識が変わるほど有利に進められました 離婚調停成功マニュアル

離婚調停成功マニュアルを読む

 

慰謝料に決まりや「相場」はありません

調停の進め方によって、慰謝料の金額は大きく変動するのです。

 

 

調停という場所では、不貞(不倫・浮気)やDV(家庭内暴力)の事実があったとしても、
不法行為をした側が有利に調停を進めることで、慰謝料を相場より少なくする事もできてしまいます

 

実際に、理不尽な慰謝料金額などの条件で、離婚を飲むしかなく、泣き寝入りする方も少なくありません。

 

離婚調停成功マニュアルを読み、書籍では知れない知識を得ることで、
相手に有利な条件で離婚を進められてしまうことの予防策にもなります。



ページの先頭へ戻る

離婚慰謝料の税金関連ページ

離婚慰謝料の相場
離婚慰謝料の相場について解説しています。離婚慰謝料の金額相場は、不貞(不倫・浮気)やDV(家庭内暴力)の有無、子供の有無、婚姻期間、収入などによって変わってきます。目安として相場を把握しておきましょう。
離婚慰謝料の最高額
離婚慰謝料の最高額について解説しています。離婚慰謝料の金額相場は、不貞(不倫・浮気)やDV(家庭内暴力)の有無、子供の有無、婚姻期間、収入などによって変わってきますが、最高額や最低額などの規定値は存在するのでしょうか?
離婚慰謝料の算定表と計算方法
離婚慰謝料の算定表や計算方法をご紹介しています。調停などで慰謝料金額を提示する場合、算定表などと照らし合わせて、慰謝料計算をしておきたい方は、参考としてご活用下さい。
不倫・浮気が原因の離婚慰謝料
妻や夫の、不倫や浮気という不貞行為が原因で離婚する場合の慰謝料問題について解説しています。不貞(不倫・浮気)の状況によっては、不倫相手にも慰謝料請求できます。相場や金額を左右する事項について説明していきます。
DV・家庭内暴力での離婚慰謝料
妻や夫の暴力行為(DV・家庭内暴力)や精神的虐待が原因で離婚する場合の慰謝料問題について解説しています。通常の離婚慰謝料金額に加味されて考慮される点や、DVなどの家庭内暴力での離婚慰謝料は調停で勝ち取りづらくもあるため、有利に進める対策などもご紹介しています。
慰謝料請求調停
離婚後/離婚前の慰謝料請求調停や、不倫相手に対する不倫慰謝料請求調停について、申し立て先や管轄・必要費用や書類について説明しています。不倫相手への慰謝料請求調停は、離婚をしない場合でも起こせます。