離婚調停に必要な書類

離婚調停に必要な書類

離婚調停をする際に必要な書類と、その書き方です。
書類を準備さえしておけば、離婚調停が始まったあとは家庭裁判所が判断してくれます。

 

調停を有利かつスムーズに進めていく為にも、しっかりと必要書類を揃えておきましょう。

 

まず、まだであれば、離婚調停を申し立てるための申立書を書き、調停申請する必要があります。

 

離婚調停の申し立てに必要な書類

・家庭裁判所にある「夫婦関係事件調停申立書」という書類に記入したもの
戸籍謄本一通

 

離婚調停の申し立てに必要な費用

各家庭裁判所の地域により差はありますが、2000円前後で可能です。
内訳は手数料の収入印紙代1200円+郵便切手80円×10枚=2000円です。

 

これら必要書類と、調停費用を準備し、家庭裁判所へ提出します。
以上の手続きで、離婚調停がはじまることになります。

 

あとは、呼び出し状が送られてくるのを待ちますが、もし記載された調停日に行けないようであれば、
期日変更申請書を提出し、調停日の変更申請をする事ができます。

 

また、初回調停日までは、申立書を出してから一カ月位かかる場合もあります。

 

離婚調停が始まる前に、自分が離婚する上で有利となるようなものや、
また調停をスムーズに進めていく為にも、準備書面を用意しておくと良いでしょう。

 

離婚に至るまでの経緯や状況を時系列にまとめた書類を用意しておくと、調停がスムーズに進みます。

 

金銭面ならレシートや明細書。不倫浮気問題でしたら調べたもの。
などを、準備書類として用意しておきましょう。

離婚調停解決専門サイト



ページの先頭へ戻る

離婚調停に必要な書類関連ページ

離婚調停必要書類の書き方
離婚調停を申し立てる際の申立書や管轄合意書、期日変更申請書、準備書面などの書き方を解説しています。