離婚調停 子供の親権問題

離婚調停で親権を争う場合

離婚調停において、夫婦の間に子供がいれば、親権問題は避けられません。

 

ここ最近は、父親が親権が欲しいという場合も多くなってきています。

 

親権があると、子供にかかる養育費を管理する事になります。
親権が母親にいけば、働いている父親が養育費を払う事になります。

 

子供が小さいうちは、離婚調停で親権の争いをしても母親が絶対的に有利となります。

 

なお、離婚調停において親権が決まるのは、離婚原因がどうであるという事は関係ありません。

 

子供にとって、母親と父親のどちらに育てられるのが一番いいかを考えられていきます。

 

親権をとるにあたって重要なポイントは子供の養育環境と子供への愛情です。

 

特に、別居をしている場合には、現在子供と住んでいるかどうかが大きなポイントとなります。
子供に対する愛情のかけ方を調停でアピールする事も重要です。

 

子供が10歳くらいにになっていれば、子供の意見も重要視されてきます。
子供が15歳以上である場合には、必ず子供の意見を聞くことになります。

 

一度相手に親権をとられると、取り返すのにはかなり大変です。
そのため、子供の今後の将来や人生を、大きく変えてしまうことにもなります。

 

離婚調停のさいに、後悔のないようにしっかりと納得いくまで話し合いをしましょう。

 

親権を勝ち取りたい方は必見です離婚調停を有利に進める方法

離婚調停成功マニュアルを読む

 

当サイトからお申込みの方限定の特典ご用意しました

離婚調停解決専門サイト



ページの先頭へ戻る

離婚調停 親権関連ページ

慰謝料に関する注意点
離婚調停など離婚の際の慰謝料問題についての注意点です。相場や時効期間、慰謝料請求の調停についてなど。泣き寝入りや後々後悔しないためにも注意すべき点です。
財産分与の対象
離婚調停における財産分与の対象-相場や家の住宅ローンなどについて詳細をまとめました。