子供の養育費について

子供の養育費について

離婚における養育費の相場や算定表、減額・増額調停について解説しています。

 

協議離婚で、取り決めを行ったにも関わらず、現実的には、
離婚後、数ヶ月で養育費を支払わないなどの、未払いのケースが多発しているのが現状です。

 

このページでは、公正証書による強制執行の方法なども詳しく解説していきます。

 

養育費とは

 

養育費とは、子供が親から自立するまで養育するための費用です。

 

子供を実際に引き取って育てている親が、もう一方の親から、
子供を育てていくための費用を分担して支払ってもらうという形で行われています。

 

養育費は、親であれば当然負担しなければいけないものなので、
特に取り決めがなくても、養育費を支払う義務があります。

 

養育費の時効

 

養育費の支払義務には、時効がありません。
離婚後であっても、調停などを開き、養育費を請求したり、増額・減額することができます

 

養育費の支払い期間

 

養育費は、いつまで払うべきか?何歳まで?

 

養育費をいつまで払うべきかは、一般的に、高校卒業か20歳までの期間とする事が多いようです。

 

大学卒業までの期間とする場合もありますが、
4年制の大学ですと、20歳では卒業できないため、22歳までという事もあります。

 

支払い期間に規定があるわけでなく、子供が自立するまでとされているため、
養育費をいつまで払うのかという問題は、口約束だけですと、後々揉める原因となります

 

養育費の支払い期間について、話し合いがまとまらなかったり、話し合いが出来ない状況であれば、
調停を申し立てることで金額と期間を決め、書面にしておく事をオススメします。



ページの先頭へ戻る

子供の養育費について記事一覧

養育費の相場と計算

離婚調停等における、養育費の相場と計算方法です。離婚調停の中でも、養育費に関する問題は、子供の将来の可能性を左右し兼ねない、重大な事項です。離婚理由などによっては、養育費を受け取らない母親も居るようですが、養育費とは、母親ではなく子供が受け取るべきお金とも言えます。子供の将来の為に、養育費の確保は何よりも重要です。なお、養育費においては、離婚後や離婚調停後であれ、養育費増額の為の調停もできますし、...

養育費の未払いへの対処

離婚調停後などに、養育費が支払われないという未払いへの対処方法を紹介します。逆に、相手の浪費が心配で、養育費をなるべく支払わない方法を模索されている方もいらっしゃいます。離婚における養育費の支払いについて、この2パターンへの対策です。離婚後に養育費が支払われない場合養育費が離婚後に約束どおりに支払われるのは、約5割と言われています。そして、支払いが滞っても泣き寝入りしている方がほとんどです。離婚後...

離婚養育費公正証書

離婚後に養育費を分割で支払う場合、強制執行認諾約款付きの公正証書を作成しましょう。月々の養育費が、離婚後に約束どおり支払われるのは、約5割と言われているほどで、途中から未払いが続いても、泣き寝入りしている方がほとんどです。離婚した相手に、連絡を取る、しかもそれが養育費の請求となると、そのまま放置してしまう気持ちも判りますが、養育費は子供の権利で、支払う義務があります。「たった数万円」と言うような方...

養育費請求調停と減額・増額調停

養育費請求調停と、養育費減額調停・養育費増額調停について説明します。養育費請求調停とは子供の養育費について、夫婦で話合いがまとまらない場合や、話合いができない場合、子を監護している親から相手の親に対して、養育費の支払いを請求する調停を開くことができます。離婚調停と同じく、家庭裁判所に、調停の申立てをする事になります。養育費額の変更調停一度決まった養育費であっても、離婚後に事情の変更があった場合など...

養育費減額調停

養育費減額調停とは、離婚時や離婚後に一度決めた養育費の額の、減額を請求する調停です。調停調書や公正証書によって決められた養育費は、例え、払えない理由があろうと、滞納すると強制執行されてしまう可能性もあります。何かしらの理由があり、養育費が払えない場合は、減額を請求する調停を申立てましょう。この養育費減額調停は、正当な理由さえあれば、例え調停が不成立になったとしても、養育費の減額請求を認めるような結...

養育費増額調停

養育費増額調停とは、離婚時や離婚後に一度決めた養育費の額の、増額を請求する調停です。減額と同様に、養育費の額を増額請求をするには、正当な理由が必要です。養育費増額調停は、正当な理由さえあれば、例え調停が不成立になったとしても、養育費の増額請求を認めるような結果の審判が下る事もあります。正当な養育費増額理由例子供に大きな治療費が必要になったこちらが失業などして大幅に収入が減った相手の収入が大幅に増加...