離婚調停 養育費の相場と計算方法

離婚調停 養育費の相場と計算方法

離婚調停等における、養育費の相場と計算方法です。

 

離婚調停の中でも、養育費に関する問題は、子供の将来の可能性を左右し兼ねない、重大な事項です。

 

離婚理由などによっては、養育費を受け取らない母親も居るようですが、
養育費とは、母親ではなく子供が受け取るべきお金とも言えます。

 

子供の将来の為に、養育費の確保は何よりも重要です。

 

なお、養育費においては、離婚後や離婚調停後であれ、
養育費増額の為の調停もできますし、逆に養育費の減額請求調停というものもあります。

 

養育費が足りない、また払いすぎている方や、
離婚調停後に相手が支払わないとお悩みの方も、ご一読下さい。

 

離婚調停 養育費の相場

 

養育費の相場ですが、一般的には、
子供一人につき、月に3万円から6万円が相場であると言われています。

 

ただし、養育費は、親の生活水準等を考慮して決めるべきものであり、
相場というものは存在しないと考えても差し支えありません。

 

現に私自身、相場と言われている約2倍の養育費で決着する事ができました。

 

養育費は、月1万円違うだけでも、年間12万円、10年だと120万円も変わる、
離婚において、もっとも大きな金額が動く決め事です。

 

相場というものに拘らず、子供の事を考え、有利に調停を進める事をおすすめします。

 

養育費の計算方法

 

養育費の計算方法として、最も便利なのが「養育費チェッカー」です。

 

養育費の計算は

▼携帯電話から簡単に出来ます▼

QRコード

 

養育費相場の常識が変わるほど有利に進められました 離婚調停成功マニュアル

離婚調停成功マニュアルを読む

 

調停などの話し合いで、養育費の額を引き上げる方法も記載されています。

子供の為にも、ぜひ読んでみてください。



ページの先頭へ戻る

離婚調停 養育費の相場と計算方法関連ページ

養育費の未払いへの対処
離婚後の養育費未払い問題が多くあります。そんな時は、公正証書を作成すれば、養育費が支払われない時には、給料の差押さえなどの強制執行をすることができます。また、養育費は、離婚後でも調停を開き、増額・減額が可能です。
離婚養育費公正証書
離婚後の養育費未払いを防ぐため、公正証書の作成をおすすめしています。離婚後に養育費が支払われない場合に、差し押さえなどの強制執行ができるようになります。
養育費に関する調停
養育費の請求調停と養育費減額調停・養育費増額調停について説明しています。離婚後に、養育費額を変更したい(減額・増額)場合に申し立てが出来ます。申し立て方法や費用などについて。
養育費の減額調停
養育費減額調停について解説しています。一度、協議や調停で取り決めた養育費額であっても、支払いが出来ない理由があれば、離婚後に養育費額の減額を請求をする申し立てをする事で、不成立なしの調停が開けます。申し立て方法や費用などについて。
養育費の増額調停
養育費増額調停について解説しています。一度、協議や調停で取り決めた養育費額であっても、理由があれば、離婚後に養育費額の増額を請求をする申し立てをする事で、不成立なしの養育費増額調停が開けます。申し立て方法や費用などについて。