不動産の離婚財産分与

不動産の離婚財産分与

離婚財産分与の中でも、不動産の分与方法には、いくつかの方法があります。
ここでは、不動産の名義とローン債務者が夫である場合の例を、いくつか詳しく解説していきます。

 

 

不動産を売却して清算する

不動産を売却し、売却額から残債務を引いた金額を財産分与の対象とする方法です。
但し、売却代金から残債務を差し引いて債務のほうが上回った場合、債務が残ります。
債務について分与するかどうかは、話し合って決定します。

 

不動産の名義と債務者が夫のまま夫が住み続ける

夫が離婚後も住み続け、金融機関へのローンを支払い、妻には負担をさせない方法です。

 

名義と債務者は夫のまま妻に清算割合を金銭で分与する。

不動産(土地・建物)ローンの何%かを寄与分として妻が受け取る方法です。
妻が受け取る金額については、夫婦間で決定します。

 

不動産の名義と金融機関の債務者を妻にする

不動産の名義と金融機関の債務者を、妻に移転する方法です。
妻の収入などを金融機関が審査して、債務者の変更ができるかどうかが決定されます。

 

不動産の名義と債務者を夫のままで妻が住み続ける

不動産の名義と金融機関の債務者を夫のまま、妻や子が住み続ける方法です。
離婚後のローンを夫が支払い続けるか、ローン分を毎月妻が家賃として夫に支払うのかは、離婚前に決定しておきましょう。公正証書などの作成を要する場合もあります。

 

 

有利な離婚を実現させたいのであれば、離婚調停マニュアルの一読がオススメです。

 

相場の常識が変わるほど有利に進められました 離婚調停成功マニュアル

離婚調停成功マニュアルを読む

 

離婚調停成功マニュアルを読み、書籍では知れない知識を得ることで、
相手に有利な条件で離婚を進められてしまうことの予防策にもなります。



ページの先頭へ戻る

不動産の離婚財産分与関連ページ

離婚財産分与の相場
離婚財産分与の相場や割合について解説しています。離婚財産分与の金額相場は、婚姻期間や夫婦の収入、資産状況などによって変わってきます。夫婦での割合は、職業によって変わってきます。目安として相場や割合を把握しておきましょう。
離婚財産分与の税金
離婚財産分与の税金について解説しています。離婚の際の財産分与には、基本的に税金はかかりませんが、中には税金のかかるものもあります。
住宅ローンが残っている場合
不動産の離婚財産分与をするにあたり、住宅ローンが残っている場合はどうなるのか、解りやすくパターン別に解説しています。
離婚後の年金分割制度
離婚後の年金分割制度について、詳しく解説しています。割合や相場、手続き方法について、特に熟年離婚を考えておられる方は、しっかりと把握しておきましょう。
離婚後の退職金分割
離婚後の退職金も、財産分与に含まれます。熟年離婚の場合は既に支払われている退職金が、また将来支払われる可能性が高い退職金も、財産分与の対象になります。離婚後の退職金分割の夫婦での割合や相場など、パターン別でご紹介しています。
離婚時の借金と財産分与
離婚時に負っている借金などの負債(債務)も、財産分与の対象となるのでしょうか?借金の内容によって、また分与の割合も様々な判例があります。離婚後に多額の借金を背負ってしまった、などとならないよう、きちんと把握しておきましょう。