離婚調停の進め方

離婚調停の進め方

離婚調停の進め方は、本格的に調停に入る前に把握しておきましょう。

 

離婚調停の申立書を提出する

離婚調停は、家庭裁判所に申立書を提出することから始まります。
提出書類の書き方などはコチラを参考に進めて下さい⇒離婚調停必要書類の書き方

 

離婚調停は平日の日中に開かれる

申し立て受理後の離婚調停期日は平日の日中に開かれます。

 

調停の進め方

離婚調停の申立書受理後、申立人と相手方に一回目の調停日の呼び出し通知が届きます。
この日時の変更を希望する場合は「期日変更の申請書」を提出します。

 

離婚調停は、家事審査官(裁判官)と、専門的知識を持つ家事調停委員(男女各1名)が
家事調停委員会を組織し、夫婦の話し合いに立会うという形で行われてます。

 

実際の調停は、申立人と相手方が個別に調停室に入り、
それぞれが家事調停委員と30分程度話し合うという進め方がなされます。

 

調停終了の期間は、各ご夫婦の状況により、まちまちですが、平均して半年です。
この間、いつでも離婚調停を取り下げることが可能です。

 

また、裁判所が調停では結論が出ないと判断した場合は調停不成立となります。

 

調停が進み、離婚に関してお互い合意すれば、離婚調停は終了となります。
終了すると、調停で取り決めた事項が記載された調停調書が作成され、離婚が成立します。

離婚調停を有利に進める方法

離婚調停を有利に運びたい方は、離婚調停成功マニュアルの一読をオススメします。

 

関連書籍でも、離婚の基礎やコツなどの知識は仕入れられますが、
一般書籍には書けないような、離婚調停で勝つ方法を知ることが出来ます。

 

既に弁護士相談などへ行かれているかも知れません。
弁護士相談だけでも、安くとも5000円程度の費用がかかります。
そして、弁護士への着手金は安くても20万円。
さらに成功報酬も支払い、トータルで50万円以上と思っておいた方が良いでしょう。

 

費用面の問題だけでなく、今まで弁護士さん等へ相談に行かれ、
あなた自身がスッキリと納得されて、離婚調停を進められていますでしょうか?
杓子定規な法律論ばかり並べられ、結局は言いなりになってはいませんか?

 

離婚調停では、必ずしも弁護士と契約しなければならない訳ではありません。

 

費用面・内容面、どちらをとっても、コチラの方がオススメです。

 

既に弁護士や行政書士やカウンセラーへ相談などへ行かれていた方からも
驚きとともに感謝の言葉が多く寄せられています。

 

離婚調停成功マニュアル

※無料の離婚調停成功ノウハウも今スグ↑から読めます

 

この離婚調停における戦術を知っているのと知らないのでは、
親権問題での勝ち負けはもちろん、金銭面でも大きな損失を生む事もあります。
養育費や慰謝料などの金額に100万円以上もの違いを生むことさえあります。

 

TV・雑誌・新聞などのメディアでも多数取り上げられている
離婚専門コンサルタント・澁川良幸さんの離婚調停成功のための情報サイトです

 

このマニュアルを手にされずに離婚調停を進めるのは、少し危険とも言えます。
あなたの生活だけではなく、あなたのお子さんの人生も大きく変わってくるからです。



ページの先頭へ戻る