離婚調停を有利に進めるための注意点

離婚調停を有利に進める方法

離婚調停を有利に進めるための注意点として、いくつかポイントがあります。

 

調停委員に印象良く見られるようにする

 

調停委員は中立の立場が原則ですが、調停委員といえども人間です。
印象の悪い人と良い人とでは、態度に差が出るのは当たり前のことです。

 

離婚調停の勝敗の鍵を握るとも言われているのが、調停員とのつきあい方です。
言い換えれば、離婚調停を有利に進めるための鍵となるのです。

 

一般的なマナーを守るのは勿論のこと、
調停の場で感情的な態度をとったり、非常識な発言は慎むようにします。

 

また、調停委員は年配の方が多いので、服装等の身なりも、誠実な印象を与えるよう心掛けます。
そして、何よりも調停委員への印象を悪くするのは、相手方への暴言です。

 

調停の場では、 自分の主張を裁判官や調停委員にどれだけ分かってもらえるかが重要となります。
有利な条件で離婚を進めるためには、しっかりと主張することが大事なのは当然です。

 

ただし、決して感情的にはならずに、淡々と話すのが良いでしょう。
淡々と話すためには、あらかじめ書類などを用意し、準備しておくことも重要になります。

 

主張したいことを、どうしてそう思い、その主張をするに至ったのか、
調停員が分かり易く理解できるよう、きちんと説明できるようにしておきましょう。

 

財産分与や、子供の親権・養育費などにおいて、
どうしても有利に進めたい場合は、弁護士を同席させる方も多いです。

 

ただ、弁護士をつけると当然、弁護士費用がかかります。
弁護士費用は、トータルでおよそ50万〜100万程度かかると考えておきましょう。

 

なるべく費用を抑えて、離婚調停を有利に進めたい方には、
離婚を有利に進めるためのプロが監修した、離婚調停成功マニュアルがオススメです。

離婚調停成功マニュアル

※無料の離婚調停成功ノウハウも今スグ↑から読めます

 

この離婚調停における戦術を知っているのと知らないのでは、
親権問題での勝ち負けはもちろん、金銭面でも大きな損失を生む事もあります。
養育費や慰謝料などの金額に100万円以上もの違いを生むことさえあります。

 

TV・雑誌・新聞などのメディアでも多数取り上げられている
離婚専門コンサルタント・澁川良幸さんの離婚調停成功のための情報サイトです

 

このマニュアルとサポートを手にされずに離婚調停を進めるのは、少し危険とも言えます。
あなたの生活だけではなく、あなたのお子さんの人生も大きく変わってくるからです。



ページの先頭へ戻る