慰謝料に関する注意点

更新日:

慰謝料に関する注意点

離婚調停など、離婚における慰謝料に関する注意点です。

離婚の原因が相手の不貞(不倫/浮気)にある場合などには、心に受けた傷の損害賠償として、相手に慰謝料を請求することができます。

慰謝料請求でよくある事例

  • 相手が不倫/浮気をしていた
  • 相手から暴力を受けた
  • 生活費をまったく入れてくれない

慰謝料の相場

慰謝料の相場は、一般的に100万円~500万円程度と言われています。
慰謝料は浮気相手などにも請求することができます。

慰謝料の時効期間

離婚における慰謝料の時効は3年となっています。

既に離婚届を出してしまった人も、3年以内なら慰謝料が請求できます。
離婚届を提出した後でも、慰謝料の請求は可能です。

離婚時に相手に支払い能力がない場合でも、将来的に相手に財産ができる可能性があります。
その場合、時効期間内であれば、慰謝料を請求する事ができます。

慰謝料請求の調停

合意がでなかった場合は、慰謝料請求の調停を申立てる事が可能です。
費用は2,000円程度で、家庭裁判所へ「家事調停申立書」を提出します。

慰謝料 注意点

「慰謝料を払わない」と言われたとしても、注意しておく点があります。

離婚調停などにより、長期間、慰謝料の話し合いがつかないと、調停へ行くこと自体が苦痛となり、「とりあえず離婚届は出してすっきりしておくか」という気持ちになってしまう事もあるかと思います。

しかし、それで離婚が成立してしまうと、慰謝料は3年で消滅時効にかかります。

  • 後悔しないか?
  • 泣き寝入りとならないか?

充分に考慮して、戦略的に有利になるよう、離婚調停を進める必要があります。

-離婚調停での注意点
-,

Copyright© 離婚調停ガイド , 2018 All Rights Reserved.